アメリカを大寒波が襲う

 北米を大寒波が襲っている。数年前から世界が突入したミニ氷河期の影響で、これまでヨーロッパや日本のみだった寒波がアメリカでも発生し始めたのである。

 米メディアによると、5日までに寒さによる死者は558人に達した。被害が最も深刻なニューヨークでは、ホームレスの凍死が相次ぎ、死者はこれまでに245人に上った。国内約5千の避難所には暖を取る人々が詰め掛けている。

 全米の各空港でも同日、雪のため欠航が相次ぐなど影響は全米に広がっている。大寒波は今後も続く見通し。

 カリフォルニア地方では、ネーブルなどの果樹が凍りついて、出荷ができなくなっており、農業への影響が深刻になっている。

投稿日:

※本記事は、対象となっている事柄について、無限に広がる未来の可能性の中のたった1つを描いているに過ぎません。 ですから、決して記事の内容を鵜呑みにしないでください。 そして、もし本記事とは異なる未来を想像したのなら、それを別の記事として書いていただけると幸いです。 このプロセスを通じて、私たちは未来についての視野を広げ、未来の可能性を切り開いていくことができるでしょう。

コメント

2014年にしとけばよかったと今思ってます。もっと大寒波は早く来るのではないでしょうか?2013年にミニ氷河期の到来が明らかになって。2014年にアメリカに大寒波が来る、あたりの線に落ち着くかな、と。

オラクル (日付:

1年早かったですが、かなりリアルに実現しました。ミニ氷河期到来との関係はわからないですがw

オラクル (日付:

コメントの書き込みにはログインが必要です。

新規記者登録 ログイン

子記事(次の記事)»

子記事を作成する(記者登録が必要です)