• HOME /
  • 未来投書・社説
(2098年10月2日) 副都心通信

記録の形

先日 開発途中の地下鉄でメモリーカードが発見されたことを本紙でも掲載した。持ち主の関係者も見つかり久しぶりの日常系の話題だ。...

(2053年5月3日) ジョン・タイター

「出産の痛み」体験しました!

 ゴールデンウィーク、時間があったので原宿のアルティメットショップに「出産の痛みを体験できる装置」ボーンフルペインを体験してきました。...

(2051年1月23日) ジョン・タイター

人工母胎に大反対です。

 最近話題になっている、「人工母胎」。これに私は生理的な嫌悪感を覚える。人工母胎から、胎児が飛び出してきたら、正直気持ち悪い。賛成する人は、「子供を持つ権利」を強調するが、人間の欲望を何でもかんでもかなえるのはどうかと思う。きりがない。...

(2051年1月3日) ジョン・タイター

人工母胎、ぜひ実現を

 私は、今は訳あって子供が生めません。でも、人工母胎が実現したなら、すぐさま子供が欲しいです。私たち夫婦にとっても、私と夫の両親にとっても子供はどうしても必要なんです。人工的であろうと、なんであろうと、産まれた子は私たち夫婦の遺伝子を引き継いだ子孫。技術の力でそれをぜひ実現して欲しいです(東京都・港区・38歳・女)

(2019年9月10日) 伊藤 武志

暗黙の強制の存在と無関心は禁なり

9月1日付の「職場でのヒール・パンプス強制禁止へ」この記事を読んて、はじめてヒールとパンプスの違いについて知った。それはともかく、この記事について、職場の女性の方に聴いてみた。やはり暗黙のルールとして、職場ではヒールのある靴をはくことになっていることも多いといのことだった。一日はいているとかなり疲れるとも。そういったことも含めて、男性の私は無関心であったことを反省した。すこしアンテナを広げて、対話を大切にしたいと思った。いまだになぜヒールが必要なのかは良く理解できないが。ぺったんこ靴万歳! (写真はイメージです)

(2022年10月3日) Edward

中国は歴史を上書き保存、日本は名前をつけて保存(社説:人民日報日本語版)

 国際化社会において、各民族の特性の違いを明らかにした上で相互理解することが、ますます必要になってきている。ここで、中国やロシアでは議会制民主主義や三権分立が根付かないことをもって、民度が低いと評価される点に対して疑義を述べたい。これらは民度が高い低いという優劣の問題ではなく、並列して論じられるべき差異の問題である。...

(2028年12月24日) こでまり

投書: 家族シミュレーターで 悲しみを乗り越えて ( 64歳 女性 主婦 )

2ヶ月前に、1才年上の夫が突然倒れ、そのまま亡くなりました。 朝家を出るまで、元気でいつもの通りだったので、まだ信じられない気持ちです。 今もどこかにいて、声をかけてくれるような気がしているけれど、ふと気がつくと私のまわりの風景には夫がいないのでした。 心にぽっかり穴があいたようで、どうしようもなく寂しくて、ひとり涙する日々でした。...

(2035年10月30日) こでまり

投書:貧しい人々に生涯を捧げた人の言葉( 52歳 男性 神父 )

未来新聞で、「知らないって幸せ」という投書を読みました。深い内容だと思いました。同時に、私たちの尊敬するマザーテレサのことを思い出したので、ここにマザー・テレサの言葉を引用させていただきます。...

(2035年10月20日) Scena

投書:「知らないって幸せ」(26歳 女性 中学校教員)

公立中学校の社会課の教員をしています。先日「政府開発援助」(ODA)の授業をしました。その日の夕方、教えてほしいことがあると13歳になったばかりの女生徒が職員室に私を訪ねてきました。 そして立て続けに考えさせられる質問を受け、正直、回答に困りました。いや、答えられませんでした。 質問のまず一つ目は「先生、貧困とはなんですか?」 次に「私の家は貧困だと思います。助けてもらえないのはなぜですか?」 さらに「外国の人を助けるよりも、自分の国の貧困者を助ける方が先ではないのですか?」 そして「途上国の貧困者と、日本の貧困者はどちらが幸せですか?」 最後に「私は途上国の貧困家庭に生まれていたら不幸と思わ...

(2018年5月6日) 久野香奈

ハタチの女子大生です

初めて投書します。...

(2025年11月29日) 未来大陸

投書:「ほんとに金が来た。ありがとう。めちゃくちゃ助かる」(21才・男性・ハイチ在住)

この投書は、ハイチのポルトープランスに在住の日本の方が現地の方から聞き取り、日本語に翻訳して日本の未来新聞宛てにメールで送っていただいたものです。...

(2025年10月11日) オラクル

投書:「同情するなら、金をくれ」(21才・男性・ハイチ在住)

この投書は、ハイチのポルトープランスに在住の日本の方が現地の方から聞き取り、日本語に翻訳して日本の未来新聞宛てにメールで送っていただいたものです。...

(2025年10月6日) オラクル

投書:自分の幸福度を初めて知って衝撃でした(26才・男性・無職)

 先日、幸福な人と、不幸な人を世界規模で結びつける、Global Twining Projectのカップリング通知が来たのですが、順位が書いてなかったので(財)高尾グローバルコモンズに電話をして聞いてみました。  返答は、「順位をお知らせする意味がなく、一方で弊害が大きいのでお答えできません」とのことでした。でも少し食い下がって聞いてみると、「●●さんは、日本の方なので余程ひどい状況でない限りは1...

(2016年2月5日) こでまり

投書:おだやかな認知症の女性に出会って( 20歳 女性 大学生 )

先日バスに乗っていたら、後ろの席のお友達同士らしい60才位の方たちが話していらっしゃいました。「この先認知症になったら嫌だよねぇ。いいことも1つもないよね。その前に、寿命になったほうがいいね。」 それを聞いて思わず、「いいことが1つもなくなんてないです!」と言ってしまいそうになりましたが、年上の方の会話に突然入るのもためらわれて、そのまま言葉を飲み込みました。...

(2023年10月15日) こでまり

投書:メラトニン ミルクバーを食べてよく眠れるようになりました(27歳 男性 会社員)

今は、9:00〜18:00の職場で働いていますが、一時期シフト制の職場で働いていたとき、朝5:00前に家を出る日もあれば、10:30に出て22:00に帰る日もあり、1ヵ月の中でも起きる時間が3パターンぐらいあって、そうこうするうちに眠れなくなってしまいました。...

(2025年9月4日) オラクル

投書:シェアキッチンレシピスーパーに毎日行ってます(35歳・会社員・男)

 最近流行のシェアキッチンレシピスーパー(SKRS)がうちの近所にできたので二週間前に初めて行きました。料理初心者の私にはドキドキものでしたが、スタッフの方が丁寧に教えてくれて、メッセージコードで取りだすクッキングビデオを見ながら作りました。  できたのが、「めばるの煮つけ」「ほうれんそうのお浸し」「キノコの味噌汁」「きんぴらごぼう」。容器に入れて自宅に持って帰って食べたのですが、実にこれが美味し...

(2036年4月10日) オラクル

投書:学園都市に入学して(18才・男子)

 つい先日、「学園都市」に入学した学生です。高校時代からずっと憧れだった学校に入れてとても嬉しいです。この学校で一番面白そうなのはもちろん学園マネー(GM)。ここを卒業するときには大量のGMを手にしている予定です。  ただ、私の計画では学園都市内でのGM稼ぎは1年の間にダントツになって、その経験を活かして学園都市外の実際のお金を使ったビジネスを2年生になったらガンガンやろうと思っています。  こう...

(2019年5月17日) オラクル

投書:「保証書なしサービスは素晴らしい」(72才・男性・無職)

 先日アルティメット電器の「なんでも美味しくすぐ調理できるアルティメットオーブン」を購入しました。オーブンの素晴らしさはもちろんなのですが、保証書がなくても修理してくれるというシステムになっていることを聞いて安心しました。お店の延長保証とも連動できるということだったので3年間に延長してもらいました。...