• HOME /
  • 新着記事
(2023年2月15日) Edward

花粉症対策として道路に花粉吸着剤を撒布-東京

 花粉症の季節が近づいてきた。花粉症は今世紀、どんどん増え続け、我が国の大都市では今や有病率が30%を越え、3人に1人が苛まれている国民病となった。ところが、今年の東京では、花粉症患者が激減することが予想される。そのカギとなるのが、花粉吸着剤を路面に撒布する計画だ。...

(2022年10月3日) Edward

中国は歴史を上書き保存、日本は名前をつけて保存(社説:人民日報日本語版)

 国際化社会において、各民族の特性の違いを明らかにした上で相互理解することが、ますます必要になってきている。ここで、中国やロシアでは議会制民主主義や三権分立が根付かないことをもって、民度が低いと評価される点に対して疑義を述べたい。これらは民度が高い低いという優劣の問題ではなく、並列して論じられるべき差異の問題である。...

(2026年3月1日) こでまり

育成オウム型ロボット、代わりに旅に出ます!

少子高齢化がますます進む日本。 若い人達は職場の人手不足のために、まとまった休みがとれず、遠くに旅行に出かけることも難しくなってきている。...

(2018年8月24日) オラクル

ドローン・ファイト勃発

 シリア地域で相次ぐドローンテロに対して、ロシア側が迎撃ドローンを差し向け、ドローン空中戦が勃発している。ロシア側の迎撃ドローンは、ドローンを停止させる電磁波攻撃の他、発砲も可能になっており、今のところ空中戦になると迎撃ドローンが100%勝利している。しかし、テロリスト側のドローンもロシア側と同様の武装がなされるのは時間の問題とされており、空中戦に強いドローンの開発がロシア側で急ピッチで進められて...

(2023年5月25日) 未来大陸

猫専用こたつ発売

 ”究極の製品を追求する”がスローガンのアルティメットショップは24日、猫専用のこたつ「にゃこたつ」を発売することを発表した。...

(2021年11月21日) こでまり

自然素材の曲線の味わい、 曲げわっぱが人気

マインドフルシティデザインによる街づくりが進む中、 自然素材や曲線を生かした空間の良さが多くの人に実感され、身のまわりの物も曲線と自然素材の味わいがあるものを使いたいと思う人が増えてきた。...

(2020年12月21日) ジョン・タイター

「自然界には直線はない」ルイジ・コラーニ氏再評価へ

 読者の皆さんは、「ルイジ・コラーニ」というデザイナーを御存じだろうか?...

(2020年10月10日) サウスタック

マインドフルシティのデザイン始まる

東京オリンピックが終わり、都内では新たな都市計画がスタート。闘わない街づくりだ。これまでの首都圏の都市設計は機能性が重要視されてきた。通勤・通学の利便性を始め、ショッピングやエンターテイメントへのアクセスの良さなど、生産性の高さが価格とステータスを決める重要な要素となってきた。...

(2018年4月20日) teru.a.key

北緯44度付近で一体何が。ボス二アに続き北海道天塩岳にもピラミッド!?

「Pyramid Discovered in Bosnia?」 2006年4月20日にNational Geographic Newsが記事を発表し、一躍話題となったボスニアのピラミッド説。サラエボから車で30分程に位置するヴィソコという町、このボスニア・ヘルツェゴビナの中心部にある山がピラミッドの形状をしている(45度の傾斜を持つ四角錐、ハッキリとした稜線、正確に東西南北を向いている)とのことで、現在も調査が続いている。   そんな中、ここ日本でも北海道天塩岳が今注目を集めている。 ボスニアのピラミッドと天塩岳が北緯44度付近のほぼ同じ緯度に位置していること、また天塩岳をある方向からみると綺...

(2017年12月5日) Edward

日本政府、有事の際の北の将軍・幹部一家の亡命受け入れを宣言

 韓国が北朝鮮の金正恩委員長らを狙う斬首部隊を創設し、いよいよ北朝鮮情勢が緊迫感を増してきた。わが国は数ヶ月前から北朝鮮への制裁強化を行ってきたが、一方で昨日、いざという時には北朝鮮の金正恩委員長・幹部およびその家族2~3百人の亡命を受け入れると外電にて通達したことが明らかになった。今後20年間はわが国の離島を一つ与え、自衛隊による防犯部隊で安全を保証し、在日米軍家族並みの待遇を約束するという。...

(2021年10月27日) Edward

皆でスマホ画面を見ながらワイワイ~コタパッド・カフェがオープン

 秋風が心地よい都会のオープンカフェで、奇抜な光景が目を引くようになった。正方形のテーブルを取り囲んで4人で座る、女子大生とおぼしき客の一行が、コーヒーなどを飲みながらテーブルを眺め、手でテーブルを触ってはキャッキャ、キャッキャと騒いでいる。・・・ここは、原宿の一角にオープンしたコタパッド・カフェと呼ばれるカフェだ。...

(2017年12月15日) Edward

満員電車ゼロ案として、混雑度表示ランプ案を採用

 東京都政策企画局は昨日、去る8月31日から公募を開始して11月30日に締め切った「満員電車ゼロ案」の選考を終え、東京都杉並区の自営業、宇田川和明氏(55)からの「混雑度表示ランプ案」をグランプリとして選び、賞金300万円を授与するとともに、この案の実現に向けて、JR東日本や私鉄・地下鉄各社と共同して施策すると発表した。...

(2020年5月1日) 海男

慰安婦像にライダイハンの花輪やたすきがかけられる

米国カリフォルニア州グレンデール市の公園に設置されている、大戦中の朝鮮人慰安婦の少女を模したとされる「慰安婦像」に、花輪やたすきがかけられていることが判明した。これら花輪やたすきには、“Remember Lai Thai Han”、“Remember Vietnam war”(ライダイハンを忘れるな、ベトナム戦争を忘れるな)などのキャプションがついている。これらの花輪やたすきを取り除いても、数日後...

(2025年10月25日) こでまり

全国の育成オウム型ロボット、振り込め詐欺を撃退、撲滅へ

現在、お年寄り世帯の80%が持っていると言われている育成オウム型ロボット。 この全国の育成ロボットたちに向けて、警察庁は今年4月に連日テレビやインターネットを通じて大々的な広報活動を行った。...

(2047年6月1日) パレット先輩

レトロ傘商戦 今年も激化!?

ボタンひとつで雨除けシールドが周囲に立ち上がる「手ぶら傘」が開発され、世界中に普及して10年が経ち、レトロな傘をめっくり見なくなって久しい。 インターネットオークションでは、かつて子供用に流通していた黄色い傘が「可愛い」「懐かしい」という声が相次ぎ価格が高騰し、数十万円の値がついたニュースも記憶に新しい。...

(2022年7月21日) こでまり

オウム型の育成ロボット、食生活アドバイザーになります!

人々が自分の話し相手として育てたオウム型の育成ロボットは、更に多くの分野で活躍するようになった。 もともと、個別に適切な返答ができるように育てられているため、特に、良いパートナーとしての仕事にその能力を発揮しているという。 なかでも好評なのは、糖尿病などの生活習慣病の食事療法におけるアドバイザーとしての役割だ。 食事療法にしてもダイエットにしても、人にはそれぞれ、こう食べたらきっと良い、という食べ...

(2070年7月16日) ジョン・タイター

日本人男性の平均身長が183㎝に。

 日本人の平均身長がまた、伸びた。6年前に181㎝にまでなった日本人男性の平均身長が更に3センチ伸びて183㎝、女性も172㎝に到達した。...

(2064年1月4日) ジャーディー誠

日本人男性の平均身長、180㎝に到達か

一時期低くなるかと思われていた日本の平均身長だが、ついに平均身長が女性169cm、男性181cmとなったことが判明した。...