みんなの未来を想像し記事にして
つなげていくサイト
記者登録(無料)すれば誰でも記事が書けます!
お知らせ
(2091年6月2日) 未来大陸

九州への富裕層の移住急増

 昨年、年収5000万円以上の富裕層に対して重婚を認める条例を施行した九州への移住が止まらない。...

(2022年1月1日) ジョン・タイター

未来新聞寺子屋に参加して(男・21歳大学生)

 あけましておめでとうございます。昨年12月に未来新聞寺子屋に参加した大学1年の者です。未来新聞の社長さんや、常連メンバーの方々と一緒に楽しみながら未来記事を書かせていただきました。...

(2021年11月26日) 乙御前

ついに補講も開催予定:第1回未来新聞寺子屋@FLAKEを終えて

2021年11月23日(火)勤労感謝の日に、第1回未来新聞寺子屋@FLAKEが開催された。M氏から消せるボールペンを手渡された始まった授業は、当初の予定の1時間を大幅に超え、18時過ぎに終了した。参加者T氏に話を聞くと、「こちらの予想をはるかに上回る面白さで、驚いている」との事である。主催のM氏は「言葉で未来の新聞と言ってもピンと来ないかもしれないので、とにかく1度寺子屋に来て体験していただきたい...

(2021年12月1日) 乙御前

未来新聞寺子屋@FLAKE で始まる

梅が丘駅のほど近くにあるFLAKE café & barで2021年10月から月に1、2度開催されていた「未来新聞寺子屋」が、2021年12月から毎週水曜日に定期的に開催される事が明らかになった。寺子屋のオリジナルメンバーのFLAKEの店長S氏によると、梅が丘在住のH夫妻と未来新聞のオーナーM氏が出会い、未来新聞の面白さに目覚めた夫妻がもっと勉強したいので教えてほしい、とM氏に頼んだのが寺子屋を開...

(2025年10月28日) ウラシマン

高市首相、ウイルス委設置の意向

高市首相は27日の会見で、2023年以降に麻疹(はしか)や風疹などのウイルス性疾患による重症患者や死亡者が急増していることを受け、年内にも「ウイルス性疾患調査検証委員会」(仮称)を設置する意向を明らかにした。 一部の専門家の間では以前から「2021年以降に接種が進んだmRNAワクチンは特定のウイルスに対してのみ免疫力を高め、他のウイルスに対しては免疫機能が働かなくなる」などと指摘されており、SNS...

(2090年6月2日) ぷう

重婚による少子化対策がはじまる

九州政府は6月1日、上院で重婚条例を可決し、8月1日から複数の婚姻関係を認める制度がスタートすることになった。 2050年代以降、所得格差の拡大が社会問題化し、経済的理由による未婚率の爆発的な増加が少子化をさらに深刻な影響を与えていた。近年、富裕層は複数の世帯を扶養すべきとの議論が高まり、有識者会議で検討されてきた。 昨年北海道でロボット婚姻条例が可決されたことにより、重婚の反対派もロボット婚姻に...

(2021年10月10日) Edward

コロナワクチン接種済みマークとしてマスクに貼るメダルシールを導入

 政府与党は今日の与党政策責任者会議で、新型コロナワクチンの接種済みマークを広く国民に普及させるため、五輪のメダルになぞらえたマークをマスクに貼る案を決め、発表した。このマークでは、ファイザーのワクチンを3回接種した等の現在での最高水準でのワクチン接種済みを金メダル、それに準ずる例えばファイザーワクチン2回接種済みを銀メダル、また最低限のワクチンを接種したことを意味する同1回接種済みを銅メダルとする。例年の体育の日の10月10日に合わせて、五輪をからませた粋な発表となった。...

(2030年8月31日) Edward

クール・ビズを超えたコールド・ビズの導入へ

 今年も猛暑が続いた。これでほぼ20年間、毎年のように猛暑がお決まりとなり、その程度もじわじわ上昇している。ところで、夏期に衣服の軽装化キャンペーンを行うクール・ビズが導入されて四半世紀になる。これは環境省が中心となって行われる、冷房節約などの環境対策などを目的としたキャンペーンであるが、それをもっと徹底したコールド・ビズを来年の夏から導入すると政府与党は発表した。    コールド・ビズは原則、7...

(2110年5月1日) teru.a.key

5月22日「ビットコインピザの日」100周年祭を祝おう🔥

むかーしむかし、まだ円などの法定通貨が日常的に使われていたホモ・サピエンス時代末期、あるところにbitcoinのファンでプログラマのLaszlo Hanyeczさんと言う方がいた。   彼は、10,000bitcoin(当時約2,000円ぐらい、2040年ベースで2,500億円ぐらい)で2枚のピザを買って息子たちと仲良く食べたそうな♪   5月22日は「ビットコインピザの日」として、今も語り継がれている。   それはインターネット上のデジタル情報が、現実世界で利用できる価値あるモノに変化したこの日は、シナプス・サピエンスにとっても歴史的な日でもあるからだ。   さぁ、私たちも古いウォレットとア...

(2022年2月11日) こでまり

あなたの未来新聞ができあがる本

未来新聞が本になった。...

(2025年11月11日) こでまり

サテライトオフィスでクリエイティブ研修、アイデア研修

未来新聞社は、九州にある蛍谷村に、蛍谷村と共同でサテライトオフィスを10社分作り、運営を開始した。...

(2024年6月28日) Edward

コロナ禍に大学に入学した「コビデント」が社会問題に

この春に大学を卒業して、新社会人となった人たちは、ようやく会社にも慣れてきた頃だろう。が、様々な企業から聞こえてくる声としては、今年の新社会人たちは「使えない」者が多いという。例年、新人には「これやっといて」と雑用を任せたり、先輩について仕事を覚えてもらったりしてもらうものだが、それがなかなか上手くいかない。今年の新人は「腰が軽くない、機転がきかない」、「冗談が通じない」、「いじられキャラになれない」、「飲み会の幹事ができない」などなど。...

(2020年11月2日) 未来大陸

「マスクで鼻毛が伸びる!?」

 最近話題になっていた、「マスクをしていると鼻毛が伸びる」説に、学問の光が当たりつつある。...

(2020年11月6日) 未来大陸

「フリーエネルギーは永久機関であり、ありえない」東大教授が大反論

 K東京大学教授(原子力国際専攻)は5日会見を開き、「3日に首相が存在を認めたフリーエネルギーは、いわゆる永久機関であり、熱力学第一法則に反するか、あるいは熱効率100%の機関である可能性が高く、特許も認められない荒唐無稽なもので、そんなものはありえない。このような存在を一国の首相が認めることは信じられない愚行である」と述べ、政府を痛烈に批判した。

(2020年11月3日) 未来大陸

首相、フリーエネルギー装置について会見

 文化の日、首相は先日トランプ大統領が紹介したフリーエネルギー装置について、以下のように述べた。...

(2020年10月1日) ジョン・タイター

トランプ大統領、記者会見でフリーエネルギー装置を紹介

 トランプ大統領は、1日記者会見において、無限にエネルギーを生み出し続ける「フリーエネルギー装置」について、「太陽の電磁波を利用する発電装置がある。知らない?Zpowerっていうんだよ。もう1年以上前から売ってる。私も既に持っている。あれは良く発電する。買ってみたら?太陽からエネルギー取るんだから、物理法則上の問題はない」と発言した。...

(2020年9月14日) Kenta777

トランプ大統領、”フリーエネルギー”についてツイート

 トランプ米大統領は13日、Twitterで「もうすぐ、電気がいくらでも只で手に入るシステムを発表するから、楽しみにしていて。宇宙線で電気を作る仕組みだ」とツイートした。...

(2022年4月3日) Kenta777

未来新聞®が、クローズド会員制サービス開始へ

 未来新聞(株)は2日、クローズドな会員制サービスの開始を発表した。同社のスポークスマンは、「これまで公開バージョンのみで未来記事を発表してきたが、未来の情報は多くの人たちに知られてしまうと価値が無くなったり、いわゆる”煽り”になってしまうなど、公開にあたってセンシティブな考慮が必要な種類のものがある。こういう、公開になじまない記事については限定されたクローズドな会員制に馴染むと考えた。最初は20...

新着記事をもっとみる