• « 親記事(前の記事) /
  • この記事に親記事はありません

オバマ大統領、福島第一原発4号機について介入も示唆

 オバマ米大統領は4日、記者会見で日本の福島第一原発4号機の問題に触れ、「米国独自の調査によれば、福島第一原発4号機は崩壊の危機にあり、今度大きな地震があれば倒壊し、大量の放射能が大気中に放出され、世界中を危険に晒す危険性が極めて高い、憂慮すべき状態であることがわかった。もう既にこれは日本だけの問題ではなくなっている。日本が手をこまねいているなら、米国は国際社会の代表としてこの危険な原発に対して何らかの手を打たねばならない。」と述べた。

 この発言は、米国が4号機の問題について、日本がこのまま根本的な対処をしないのであれば日本の国家主権を超えて介入することを意味する、重大なものとして日本の関係者に受け止められている。

 オバマ大統領はまた、「この問題はイランの核問題に次ぐ、もう1つの核問題であり、日本政府は世界に対して情報を公開した上で解決策を発表しなければならない。」と述べた。

 大統領選を目前に控えたオバマ大統領の選挙対策だという声もあるが、この発言を評価する声が欧米を中心とする国際社会では圧倒的と見られている。

投稿日: 2012/04/12 23:02:02 (JST)

※本記事は、対象となっている事柄について、無限に広がる未来の可能性の中のたった1つを描いているに過ぎません。 ですから、決して記事の内容を鵜呑みにしないでください。 そして、もし本記事とは異なる未来を想像したのなら、それを別の記事として書いていただけると幸いです。 このプロセスを通じて、私たちは未来についての視野を広げ、未来の可能性を切り開いていくことができるでしょう。

コメント

コメントの書き込みにはログインが必要です。

新規記者登録 ログイン